シミュレーションを活用し、トヨタの自動運転システムの開発を加速

Woven Planet Group 様について

Woven Planet Group は、持ち株会社である Woven Planet Holdings の下に、事業会社である Woven Core Woven Alpha、投資ファンドである Woven Capital で構成されています。「Mobility to Love, Safety to Live」のビジョンを実現するための革新的な技術の開発を目的とし、2021年1月にトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(Toyota Research Institute - Advanced Development(TRI-AD))から生まれ変わりました。自動運転に関連する新しい技術と、先進的で安全なシステムを世界中の人々に届けることをミッションとしています。Woven Cityにおいても、スマートシティのデザイン、コネクテッドモビリティ、ロボティクスの技術をトヨタやパートナーの方々と実証していきます。

2018
700
設立年
オフィス
東京都
従業員数 (2021年1月時点)

Applied Intuition は Woven Planet Group のエンジニアチームと協働し、複雑なコードベースにツールを統合してくれます。

Applied Intuition の知識の深さと俊敏さ、幅広い製品機能のおかげで、プロジェクトを迅速に成功へと導くことができ、我々のニーズに集中して対応して下さったおかげで、プロジェクトを加速させることができました。

ニコス・ミハラキス様
VP of Software Platform

認識システムの検証のために生成された高速道路の合成データ (1)

プロジェクトの目的

Woven Planet Group 様は自動運転システム開発の最前線にあり、今後のトレンドと技術を考察しながら開発に取り組んでいます。世界で最も安全で快適なモビリティの提供をめざし、それを実現するアルゴリズムの開発をしています。

トヨタの製品における自動運転技術の開発を加速させるために、以下の主要分野に注力しています。

01
自動走行制御アルゴリズムの開発:交通量の多い高速道路を安全にナビゲートできるアルゴリズムを開発する
02
安全、及び機能安全テスト:ISO 26262 などへの準拠と、自動運転システム・コンポーネントの障害が適切に対処されていることを確認する
03
カバレッジを広げ、日常走行では起こりにくいケースをテスト:自動車専用道路では再現が難しい様々な環境での認識スタックを評価する
04
スケーラブルなアプローチ:何万ものシナリオを同時にテストして、開発プロセスを加速する

自動車を使用されるお客様の安全・安心を実現する上で、現実世界で想定される膨大なシナリオをエンドツーエンドで検証することは非常に重要です。

今後ますます複雑化していく自動運転ソフトウェアを効率的・網羅的に検証するためにも、強力でスケーラブルなシミュレーション環境が必要不可欠となります。

Applied Intuition はそういった観点で使い勝手の良いツールを提供して下さっており、今後もソフトウェア開発のスピード向上に大きく寄与するものと期待しています。

青木健一郎様
Staff Engineer, Teammate Features Development チーム

認識システムの検証のために生成された高速道路の合成データ (2)

アプローチ

Woven Planet Group 様は Applied Intuition (以下、当社)と提携し、量産的な展開も見据えた自動運転システムの開発プロセスを拡大しました。当社のシミュレーションツールを使用することで、膨大な数のシナリオに対して、自動運転システムのエンドツーエンドでの迅速、安全、包括的なテストが可能になりました。

自動車メーカー向けのシミュレーション・エンジン:当社のシミュレータは、開発中に行う広範な検証とテストにより、Woven Planet Group 様の開発の意思決定をサポートしました。
エンドツーエンドのシステムテスト:当社のシミュレーションツールにより、認識モジュールを含む複雑なシステムをエンドツーエンドで検証可能になりました。また、これらのシステムの継続的インテグレーション (CI) 環境も合わせて構築しました。
各種コンポーネントとのシームレスなインテグレーション:Woven Planet Group 様の要件に合わせてシミュレーションツールをカスタマイズしました(アクチュエーション・コンポーネントのインテグレーションのサポート、など )。
クラウド上での大規模シミュレーション:大規模なシナリオをクラウド上でパラレルにテストできる環境を構築しました。
幅広いケースの検証:合成データにより、天候、霧、時間帯、視認性などのパラメータを変化させることで、様々な状況を柔軟かつスケーラブルに生成し、検証することが可能になりました。
合成データを使用して認識システムを検証:センサーを正確にモデル化し、Woven Planet Group 様の 運行設計領域 (ODD) に特化した仮想 3D 環境を効率的かつ忠実に再現することで、道路を走行せずに認識システムをテストできる環境を構築しました。

Applied Intuition のツールは、シナリオ作成の簡便さやスケーラビリティを兼ね備えており、エンジニアにとっての使い易さを実感しています。

また、センサーモデル実装など様々な機能追加にもフレキシブルに対応できますし、技術的に難易度の高い要望にも積極的に挑戦して下さるため、とても助けられています。

大久保雅史様
Senior Engineer, Teammate Features Development チーム

インパクト

01
認識から制御までのテストができるようになり、仮想環境でソフトウェアの作り込みができるようになったため、開発サイクルが短縮されました。
02
CI 環境に焦点をあてて、ソフトウェアのリグレッションを常時確認できる環境を作ることで、高い品質のソフトウェアを手戻りなく開発できる体制ができました。
03
シミュレーションを使い自動運転ソフトウェアの検証プロセスを拡大することで、網羅的な検証を迅速に完了できるようになりました。

エンジニア向けのニュースレター