シミュレーションを使用して都市交通の変革に挑戦

May Mobility 様について

May Mobility (May) は、自動運転交通を通じてより良い生活の実現を目指しています。現在の社会で機能するソリューションを提供し、人々の運転工数を減らしてより良い生活を送ることができる、そんな未来への道を促進します。同社の目標は、自動運転システムが輸送の信頼性を高め、公共道路の安全、土地の有効活用を促し、より緑豊かで活気に満ちた住みやすい空間を育む世界を実現することです。

2017年
95名
設立
本社
ミシガン州アナーバー
従業員数(2020 年 11 月現在)

「社会実装に焦点を当てることで、乗客乗員を満足させる要素を学びながら、運用能力を構築することができます。 Applied のチームは開発的にも経済的にも、この開発アプローチを可能にするツールを私たちに提供してくれました。」

Edwin Olson
Co-Founder and CEO, May Mobility

May Mobility のシャトルサービス(ミシガン州グランドラピッズ)

プロジェクトの目的

May Mobility 様は、公共交通機関を補完し、安全で持続可能な共有モビリティ ソリューションを提供するために、米国の数都市で自動運転シャトルサービスを運営しています。 現在、自動運転シャトルにはセーフティドライバーが同乗していますが、将来的にサービスの範囲を拡大しながら、完全自動運転型車両を配備することを目指しています。

稼働中の May Mobility 様の車両では、乗客乗員の安全性と快適性は最優先事項です。 自動運転システム開発の目標を達成するために、May Mobility様 は次の開発分野に焦点を当てています。
アジャイル展開: 生産車両の運用上の問題を即時解決します。
展開前にリグレッションをキャッチ: 毎週および毎月のソフトウェアアップデートの前に、リグレッションが実稼働車両に入るのを防ぎます。
自動運転車両の走行ログを活用した学習: 現場で見られる異常を開発と検証のテストケースに変えることで、自動運転機能を継続的に改善します。

「Applied Intuition は、テストと開発のプロセスに不可欠なシミュレーション ツールを提供してくれています。

Applied Institution チームは、私たちが求める機能を追加する上で優れたパートナーであり、それがシミュレーション フライホイールを内部的に始動させました。

将来的には、シミュレーションを使用してセーフティドライバーの離脱をより適切に分類し、セーフティドライバーが離脱する必要があるかどうかを検証することを計画しています。」

Kamil Litman
VP of Software, May Mobility

安全でクリーンな体験を提供するために、クリーンシャトルの機能強化が施された May Mobility様 の自動運転シャトルに乗車しているお客様

アプローチ

May Mobility様 は、Applied Intuition と提携し、自動運転シャトルテクノロジーの安全性、快適性、そしてパフォーマンス テストの俊敏性と効率性を高めています。
シミュレーション フライホイール: May Mobility様 の機能要求を実現するために Applied Intuition とのコラボレーションで、「シミュレーション フライホイール」を開始します。 これはテスト駆動型のアプローチであり、開発チームはより多くのシナリオ、テストケース、継続的インテグレーション(CI)を実行し、開発を加速し、リグレッションを減らします。
快適さテストのための専用観察者: May Mobility様 の開発チームのための専用観察者が乗員乗客の快適性をテストします。
ソフトウェア更新前の負荷テスト (ソーク テスト): シミュレーション ベースでのアプローチは、現実世界の固定ルートで行われる従来の長期負荷テスト (ソーク テスト)に代わるものです。ソフトウェアの更新が行われる前に安全性を検証するために、さまざまなシナリオをその場で作成できます。
ドライブデータの自動評価: Applied Institution のソリューションは、自動運転車両群から収集された何時間ものドライブログから、異常やその他関心のある事象をプログラムで検出し、それらを再シミュレーション用のテストケースに変換します。
継続的デプロイ: Applied Institution の CI システムは、新しいソフトウェアがデプロイされる前に、自動運転ソフトウェアのリグレッションと根本原因を特定するために使用されます。
迅速な新機能開発: Applied Institution のシミュレーション ツールは、迅速なアルゴリズム開発をサポートし、障害や安全確認の取れていない右折やシナリオのデータベースに対するシステム パラメータのトレーニングなど、新機能のテストを可能にします。

「Applied のシミュレーションツールを活用してエンジニアリング・プロセスを加速したり、開発・テスト・デプロイサイクルのリグレッションを早期に検出し、実環境のシステムパフォーマンスを分析しています。手動の原因分析やソフトウェアのデバッグに費やしていた時間を短縮すると同時に、システムパフォーマンスの詳細な洞察を得ることができます。」

Sean M. Messenger
Senior Robotics Engineer, May Mobility

インパクト

01
May Mobility様 は、ソフトウェアが自動運転車両群に展開される前にシミュレーションのリグレッションを自動的に見つけ、作業時間を数百時間節約しました。
02
作業時間は、現実世界でリグレッションに直面するのではなく、シミュレーションでリグレッションを早期に見つけ出すことで節約されます。
03
May Mobility様 の開発サイクルにシミュレーションを組み込んだ結果、新しい ODD にすばやく拡張できます。

エンジニア向けのニュースレター

自動運転、ロボット工学、シミュレーションの専門家から、
シミュレーションがAV開発にどのようなメリットをもたらすかを
学ぶことができます。

エラーが発生しました。もう一度お試しください。